重量式フィーダ重量式振動フィーダ CE-V

高機能樹脂の需要増とともに、プラスチックコンパウンドの連続生産プロセスには、押出機への高精度・正確な供給ができる定流量供給機が必要不可欠です。また、エンジニアリングプラスチックをはじめ、フィルム、食品、医薬品、二次電池製造など、様々な業界でクボタのロスインウェイト式フィーダが活躍しています。

reiya-17 reiya-17

特長

  1. 振動で原料を供給するので、ファイバを解繊させずにフィード可能
  2. 全量排出時の残量が少ないので、清掃が容易

  • 概要
  • 詳細・オプション
  • 構成図

対応原料例

・グラスファイバ   ・カーボンファイバ

・ペレット 

型式 流量範囲 ホッパ容量 ひょう量 トラフ幅 電源
CE-V-1D(-MP) 10~150L/h 25L 30kg 60mm AC200~220V 単相0.3kVA 
20~400L/h 100mm
CE-V-2D(-MP) 10~150L/h 50L 30kg 60mm
20~400L/h 100mm
CE-V-3D(-MP) 80~1000L/h 100L 100kg 150mm AC200~220V 単相0.4kVA 

*型式-MPは機側盤タイプ

 

KF-OT オペレーションターミナル

フィーダの運転状態(実績流量・警報などを素早く把握できるオペレーションターミナルです。パネルマウント型とハンディ型の2種類をラインナップし、機器接続状態やご使用環境に合わせてお選び頂けます

FTC(フィーダ・テクニカル・センター)

数多くのテスト機とパーツを保有しているクボタのフィーダーテクニカルセンター。充実のテスト設備の中で、様々な粉体やペレットに対するテストを行っています。今まで1万件を超えるテストを行いデータを収集し、粉粒体に関するノウハウを蓄積してきました。

詳細

オプション

 

KD-T3000 集中管理操作ターミナル

複数のフィーダ(20台まで)を1画面から一括管理できる操作ターミナル。5年間の長期間に渡ったシステム状態の把握が可能なので、品質管理やトラブル発生時の問題解決に最適です。また日本語・英語・中国語・韓国語での表示に対応しています。

コンパウンド業界向け
 ライン遠隔監視システム 【CraftPat】

フィーダや押出機の運転状態をリアルタイムに「見える化」し、品質管理に貢献します。トラブルの早期発見はもちろん、原因分析、早期復旧に役立ちます。Webブラウザベースなので高速通信し、設備変更に対しても設定・変更が容易なシステムです。お客様のラインに合わせて構築させて頂きます。